笑顔度 120%UP 詳細はこちら
HOME > 歯周病

歯周病

歯周病の現状

歯周病の現状のイメージ

現在、日本人の半分は歯周病であるといわれております。
歯を無くす原因の一番の原因は、歯周病です。
歯周病は初期段階では自覚症状がなく、以下のような自覚症状が出てきたときにはすでにかなり歯周病が進行しており、治療が難しくなります。
歯科医院で定期検診を行い、早期発見・早期治療を行いましょう。

歯周病セルフチェック

1歯磨きの時に歯茎から出血する
Yes No
2口臭がする
Yes No
3口の中がネバネバする
Yes No
4歯茎(歯肉)がはれている
Yes No
5歯茎(歯肉)が赤い、紫がかっている
Yes No
6歯茎から膿がでる
Yes No
7硬いものを噛むと痛む
Yes No
8歯がぐらぐらする
Yes No
9歯茎が下がって、歯が長く見える
Yes No
10歯と歯の間の隙間が大きくなり、 物が挟まりやすくなった
Yes No
11歯茎(歯肉)がむずがゆい
Yes No

歯周病の原因

歯垢(プラーク)

お口の中には数百種類、数億個の細菌がいます。
細菌がいることには問題はないのですが、この細菌が何らかの原因により増加したり、食べかすが付着する事により『歯垢(プラーク)』が出来ます。
この歯垢が歯肉を炎症させたり、歯槽骨、歯根膜を溶かしていく歯周病の原因です。

歯石

歯石とは歯周病の原因の歯垢(プラーク)と唾液中に含まれるカルシウムが混ざって出来た物質です。
歯垢(プラーク)は歯磨きで除去する事が出来ますが、歯石は非常に強固に歯、または歯周に付着しますので歯磨きでは除去する事が出来ず、歯科医院でスケーラーと呼ばれる専用の器具を使い、除去するしかありません。

喫煙

タバコに含まれるニコチンは、血液の流れを悪くし、身体の自然治癒力を下げるといわれていますので、歯周病になりやすく、また、治りにくくなってしまいます。
タバコにはニコチン以外にも多くの有害物質が含まれていますので、喫煙をやめなければ、歯周病は治らないと言っても過言ではありません。

歯並びの悪さ

歯並びが悪いと磨き残しが多くなりやすいので、付着したプラークを除去できずに歯周病になりやすくなります。
特に歯と歯が重なり合っているような場合は、どうしても磨き残しが多くなってしまいますので、歯周病に注意して下さい。

詰め物、被せ物の不適合

虫歯になってしまった場合、詰め物や銀歯などのかぶせ物をしますが、これらの詰め物、被せ物が適合しないと、隣の歯と段差ができてしまい、段差部分に歯垢(プラーク)が付着しやすくなり、歯周病になりやすくなります。

新着情報

一覧を見る

2014/02/10

歯科助手さん募集中!詳しくはお電話にてお問い合わせ下さい。

430-0903
静岡県浜松市中区助信町17-38

ホームページを見たとお伝えください 053-471-6706

受付時間 9:00~19:00

お問い合わせフォーム詳しいアクセス情報はこちら